君たちが明日の光だ

相葉くんと安田くんならびに重岡くんが好きです

安田くんへと言うにはあまりにも勝手だけど。

札幌、名古屋3daysを終えて

翌日もちろん仕事に行った。

 

 

詳細は違うけど担当してる人がいた。

しかもあの日の直後から。

 

 

 

空元気よ、って言いつつ冗談を言っていることも多かったのに、いろいろ状況が変わって不安の表出が多くなってた。

 

零さなくても涙ぐみながらぽつぽつ話す顔を見たら、私は安田くんに何にもできないけど、この人の話を今目を見て聞いて、これまで本人が頑張ってきたことを認めてくれるように話して、また歩きましょうって伝えないといけないって急にスイッチが入った。

説明されたし、可能性があったこともわかってるけど、でもこんなことになるなんて。って話しているのを聞いた。そうだねとしか言えなかった。でも症状の進行は防げたんじゃないかなあとか。今日までの期間でこれだけできるようになりましたって話した。そのやりとりを何度か繰り返した。心なしかいつもより上手に歩けた。

 

 

その人が部屋に帰ったあと、控え室の隅で勝手に止まらなくなる涙を隠した。

 

 

不安だよね。

昨日までなんとか生活できてたのに、自分がそんな風になるなんて思ってないじゃん。

ボクなんかした?ってそりゃそうだよね。

誰かを不安にさせたことがストレスって、自分の不安は?

1人で天井見つめてる時間、これからのことぐるぐる考えなかった?

その不安誰かに言えた?

誰か聞いてくれた?

空元気って自覚してる?

もし手に麻痺が出てたらギターをどうするつもりだった?

仕事じゃなくても触るくらいギターが好きだよねきっと?

失調で思うように踊れなかったら?

そもそも自分のこと生活のことどう思ったの?

安田くんとその人のことがごっちゃごちゃになって、もはや何に泣いてるのかわからなかった。

ただただ心配になって、自分は誰にも何にもできなくて、なんだこれって思った。

 

 

私は仕事をしてても誰かに何にもしてあげられないし、ファンだと思っていても安田くんに何にもできない。

 

 

 

 

 

 

 

それでも他の人が聞かない話を私が聞くとか、

もう1回練習するって言われたら何度でも一緒にやるとか、

出来たことをちゃんと見ていて伝えるとか、

それくらいのことは目の前の人にできるかもしれないなと思った。

 

  

 

 

安田くんへ

 

安田くんはそこにいてくれるだけで心の支えです。

 

しかも歌って踊って絵を描いて曲を作ってギター弾いて手を振って、何よりたくさん笑ってくれて、これ以上ないくらいたくさんプレゼントをくれています。

 

 

だから、

安田くんのことを直接知らなくても

痛みを抱えてるそこにいる人が

少しでも呼吸しやすいように。

とまでは言えないんだけど、

何かちょっとでもできることがないかと

前よりもがくようになりました。

 

 

 

 

安田くんに直接オペからのおかえり、が言えなくても

誰かには今日おかえり、が言えました。

無事で良かったよって。

来週からまたよろしくねって。

ただいまって言ってくれたし、

来週からまたよろしくねって。

 

 

私は病を経験したことがないけれど、

今でも昇華できずに泣けてくるような

2度と経験したくない思いはあるし、

自分が病を患うより

安田くんが病を患ったことの方が

ずっとずっとしんどい気がして、

もしかしたら

痛みを多少なり知れたのかもしれません。

 

 

自分の人生には相変わらず興味がなくて

仕事も向いてないなと感じてるけれど

誰かの人生にほんの少し関わってしまうから。

止まり木にはなれなくても

その瞬間だけでも笑って貰える話をしようとか

気晴らしになるようなこと取り入れようとか

苦手だけど目を見て話を聴こうとか

ちょっとだけ考えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

安田くんがあんな風に自分のことで泣くのを初めて見ました。

 

自分のこと自分からは言わずに隠して無理する人だと思ってました。

 

無理はしてるはずだし、意地や頑固さ、誠実さと愛がステージに安田くんを立たせたと想像すると、何かが千切れそうな気持ちにもなる反面たまらなく嬉しくもなります。

 

本当は1年くらいちゃんとした休暇を取ってほしいし、なんならアイドルをやめてほしいとも思います。

 

それくらいの状況かもしれないってこと残念ながら察しがついてしまう職についているし、

それくらい安田くんのことが大好きで

一方通行だけど大切に想っています。

 

心の底から心配している一方で

ライブ当日になるとどうか出てきてくれますようにって願ってしまう死ぬほど自己中な自分は大嫌いなんですけど。

 

安田くんが立ちたいと希望するステージなら、今出来る全力を見せられますように、とも思うし。

 

安田くんがかっこ悪いからとプライド持ってこれまで見せてくれなかった涙を見ることになって、そんな状況で立つ姿に涙が止まりませんでした。背中に手を当ててくれる、寄り添って全力でサポートしてくれるメンバーがいてくれて良かったと安心もしました。

 

こんなに必死で生きて何かを成し遂げようとしてくれる世界一かっこいい人を好きになれて良かったです。23日の歌はどれも、これまで聴いたことないくらい熱と気迫とプライドと愛がたくさん詰まってました。

 

愛を心配でスルーしないでねと言われても、推察してしまうことがどうしても人より多い限り心配は絶えず出てきます。失礼だよね。ごめんなさい。ただ、信用してないから出てくる心配じゃなくて、絶対に失いたくないから出てくる心配です。

 

だって

失いたくないって大倉くんの言葉は

2回目の心臓が止まりそうなワードでした。

もちろんそんな可能性だって

低いけどゼロじゃなかったわけで。

オペってそういうことじゃないですか。

生きててくれてありがとう。

感謝の言葉じゃおさまらないけど。

生きてくれてありがとう。

 

心配もするけど愛はスルーせず両手を広げていっぱいに受けとりました。むしろ手から溢れるくらいたくさん届きました。

 

ありがとう。

大好きです。

これからも。